トラックのカスタムと構造

トラックをカスタムする醍醐味とは

トラックのカスタムというと多くの人は荷台をデコレーションしたり、ライトなどの電飾をデザインした物を思い浮かべる人は多いでしょう。
しかしその他にもトラックをカスタムする方法はたくさんあります。あまり派手にはしたくないけれど、自分だけの個性を出したいという人には、控えめなアレンジでインパクトの高い物がたくさんあります。
第一に挙げられるのはホイールナットのカスタムです。通常のトラックのホイールは強度を非常に重視しているため一般車の様なアルミホイールでのドレスアップは難しいものです。
しかし、ホイールナットを交換するだけでも足元が引き締まり、ドレスアップの効果が高まります。
更に足元をドレスアップする方法としては、ホイールライナーが有ります。ホイールライナーはトラックのホイールの上に被せて使用することで一見アルミホイールに交換したかのような効果が期待できます。
更に泥除けを効果することでも足元を引き締める効果があります。

大型トラックの丈夫な構造とは?

大型トラックの丈夫な構造 大型トラックはエンジンがディーゼルエンジンを採用しており、思い自重と多くの搬送物を搭載し、車両重量のほぼ倍の総重量となるとシャーシを含む足回りやエンジン、ブレーキ系統などの各部に特別な頑丈さを持つ構造として造られています。
ディーゼルエンジンであることで出力よりもトルクに長けており、重量物搬送の場合や坂道の走行などでスピードが落ちるにせよ、トルクを発揮し、粘りや底時からのある走行を可能にしています。
また、足回りは丈夫なシャーシ構造を持ち、重量搬送でも歪みが出ないように造られています。ブレーキは、コンプレッサーを利用した排気ブレーキで、アクセルから足を離すと、排気ブレーキにより減速し、ブレーキの負担を軽減させ、制動力をサポートします。
このようにトラックは、生涯走行距離100万キロまで走行が可能と言われており、毎年の車検によりメンテナンスをしっかりと行うことが条件であるため、海外市場では日本のトラックというだけで走行距離に関わらず高く転売が可能となります。

Valuable information


研修施設 幕張

最終更新日:2019/9/19